「ユーリ!!! on ICE」聖地を1日で周りきれるか挑戦してみた ⑥舞鶴橋

12:07 「鏡山温泉茶屋 美人の湯」出発

温泉から10分ほどで着くはずが行けども行けども松林。

f:id:gluegun:20170125213429j:plain

そんなに時間はかかっていないのですが、ずっとこの景色が続くとさすがに情緒不安定になってくるというか不安が襲うというかとにかくちょっと怖かったですw

ようやく松林を抜け、少し走らせると唐津城が見えてきました!

 

12:21 市営有料駐車場到着

f:id:gluegun:20170125213731j:plain

駐車場に止まるため舞鶴橋を一旦通ります。唐津城の下で橋のすぐ横にある駐車場で親切すぎる距離でした!

唐津城に行く前に橋を往復します。

 

12:24 「舞鶴橋」往復スタート

f:id:gluegun:20170125214234j:plain

唐津城から見て右側が1話で勇利がスケート場に向かっている方で、左側がユーリが「ヴィクトオオオオオオオオル!!!!」と叫んでいた方ですね。

まずは勇利が走っていた方を逆走します!

 

「ぎゃああああああああああああああああ」

スタート直前、たいやきがなにやら発狂。

どうしたのかと思えば、反対側に美しい銀髪と黒髪の美女2人が!!!!

「ヴィヴィヴィヴィヴィイヴィヴィクトルと勝生君が」

どうやらヴィクトルと勇利のコスプレ(私服仕様)をされている方たちのようで…

私たちとは逆方向、唐津城へ向かって歩いていくお二人の美しさと、太陽の光と、橋の青と、水面のキラキラで本当に幻想的でした。

 

「「めっちゃ輝いてるやんけ…」」

 

新年から眼福眼福と拝んでいる私の横で今日一のテンションを見せるたいやき。さすが美女大好きフリスキー、コスプレには目がない様子。

「ああああああああああ握手してもらいたい」

「おちつけ」

すっかり目が釘付けになっているたいやきを引っ張りながら橋往復スタートです。

 

歩いていると、真ん中あたりの休憩所でおじさんが…

釣りしてる!!!!!!!!!

この人もしかしてユーラチカにヴィクトルの居場所を教えてくれたあの神様……?

f:id:gluegun:20170125214557j:plain

これは反対側から撮影した釣り竿の写真。

毎日いる方なのでしょうか。こういうところも描かれているんだなぁ…。

 

12:29 折り返し地点到着

f:id:gluegun:20170125214948j:plain

5分ほどで折り返し地点。第1話で勇利が走っていくカット。

 

道を渡って今度は左側を歩きます!

f:id:gluegun:20170125215255j:plain

ここをユーラチカがトボトボ歩いていたのか…ブワッ…

唐津駅からここまでって結構な距離あると思うんですけど、本当に街中探し回っていたんだなと実感しました。

そしてついに到着。

f:id:gluegun:20170125215505j:plain

「ヴィクトオオオオオオオオオオオオオオオオオル!!!!!」

ユーリが叫んでいたところから休憩所は見えなかったので、おそらく唐津城から一番近いこの休憩場所。

f:id:gluegun:20170125215725j:plain

人も数人集まっていて写真大会のようになっていましたw

 

12:35 「舞鶴橋」往復完了!

20分ほどで往復するつもりだったので、時間的にはぴったりでした。

スケジュールはいまだ押していますがw

次は唐津城編です!