読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ユーリ!!! on ICE」聖地を1日で周りきれるか挑戦してみた ⑤勇利の実家 お風呂とカツ丼編

10:12 温泉へ

特にスキンケアなどにこだわりがない人のために温泉内にあったものとなかったものを。

 

【あったもの】
・化粧水
・保湿
・ドライヤー
・シャンプー
・リンス
・ボディーソープ

【なかったもの】
・クレンジング
・洗顔フォーム

 

撮影禁止なので文章だけになりますが、内装はアニメで描かれているものとは違う感じでした。どこか別のモデルがあるそうですね。
でもユリオが一人で入っていた檜桶風呂のようなものは露天にありました!
温泉の種類も多くてどれも気持ちよかったです~!

 

10:45 温泉上がる

ゆっくり浸かっていたかったのですが後のスケジュールのためにそろそろ上がらなくては。たいやきと2人で30秒数えて出ました。

 

着替えて髪を乾かして化粧しているとき、一人の女の子がのぼせて具合が悪くなってしまったようで常連の方たちの隙のない介抱に驚きました。

なにか出来ることないかと思っていたのですが、
常連の人A「お茶はダメね!水!」
わたし(よし、この場で唯一服を着ている私の出番だ)「あ、あの…!」
常連の人B「はい水!」
という役立たずぶりでした。

その場にいる誰もが協力的で、お店だけでなくお客さんもあたたかいお店だな~と感じました。

 

11:10 食堂へ

早々に用意を済ませ外に出ていたたいやきと合流。
食堂は11時からだったのですが、開店と同時に人が結構入ったようで席もだいぶ埋まっていました。

食堂の中はこんな感じ。

f:id:gluegun:20170116022456j:plain

座敷があって、調理場の前にテーブル席。
テレビは真ん中にあるように描かれていましたが、実際は左端の席の前にありました。
第1話でミナコ先生がビールを飲んでいたところは席的に言うと真ん中の一番前の席です。

第2話でヴィクトルが寝たりカツ丼を食べていたりしたところは入口目の前の席かな?

f:id:gluegun:20170116022559j:plain

お母さんが魔界への誘いを持ってきているシーンの後ろに見えるビール樽。

f:id:gluegun:20170116022701j:plain

f:id:gluegun:20170116022731j:plain

f:id:gluegun:20170116022631j:plain

壁面のポスターもアニメで使われていました。

 

ちなみにヴィクトルの後ろにあった時計ですが、食堂ではなく外の待合所にありました。

f:id:gluegun:20170116022910j:plain

 

11:13 カツ丼注文

購入は食券です。食券機の横にはこんなポップも。

f:id:gluegun:20170109233336j:plain

 

入店したときは気付かなかったものの、いざ食堂に入るとユーリファンの多さに気づきました。
みんなカツ丼頼んでるわ…

 

11:40 カツ丼到着

f:id:gluegun:20170116023034j:plain

待ちに待ったカツ丼!!!!!
3品あるとこもそのまんまだ!!!!!!

 

蓋を開けてみると

f:id:gluegun:20170116023123j:plain

ふおおおおおおおおおあああああああああ!!!!!!
明らかおいしそうだよおおおお!!!!!!


ではいただきます!

f:id:gluegun:20170116023238j:plain

たいやき「うまい……」
わたし「うまいな……」

 

もはやフクースナーを忘れるおいしさ。

 

とにかく卵がとろっっっとろ。
濃くも薄くもなくちょうどいい味付けでこれは涎が出る。

カツ丼を食べつつ、胃腸炎のピークを脱したばかりのたいやきを見て「薬飲んだんだろうか」と思うものの特につっこまなかったのですがどうやら飲んでいなかったようです。後に苦しむことになります。


11:58 完食

最後までおいしかった~。女性でもペロリと平らげられる量でした!
食堂内も混んできたのでそろそろお店を出て次の目的地を目指すことに。

ちなみにお店の入口に喫煙所があります。喫煙者にも優しい!!!


12:07 出発

f:id:gluegun:20170116023353j:plain

11:30に出る予定だったのでだいぶロスですね。
お風呂は多く見積もっておいたほうがいいなと反省しました。

次は「舞鶴橋」へ!
ヴィクトオオオオオオオオオル!!!!